“”
フランス本部における「食」に関する論文紹介 | 日本ユマニチュード学会|人間らしさを尊重したケアを共に社会へ

<会員限定>フランス本部における「食」に関する論文紹介

ユマニチュードのフランス本部には、ケアに関する様々な部門があります。その一つが、「食」部門です。部門長のサビーヌ・スービエーレさんは、経験豊かな看護師で、ユマニチュードのインストラクターとして長らく活躍してきましたが、ケアにおいての「食」の重要性を痛感し、新たに栄養士・調理師の資格を取得しました。現在、ユマニチュードの「食」部門長として食べることに関するあらゆる分野の指導を行なっています。ユマニチュードの「食」部門は、栄養学や食事の形態にとどまらず、「人生において食べることとは何か」という哲学のもとに、食事の環境、人との関係、専門職のあり方について取り組んでいます。

今回、スービエーレさんが「食」について論文を寄せてくださいました。


 

このコンテンツは、正会員専用です。

会員の方は、こちらからログインし、記事をご覧下さい。

会員登録をご希望の方

『入会のご案内』ページをご覧ください。

前のページに戻る