ユマニチュードケアの再現性と継続性を目指して

‐ユマニチュードケアの再現性と継続性を目指して‐

近年、ユマニチュードは様々な場面で実践され、その有用性についての研究も広がってきています。

しかし、一方で、そのケアの継続性と再現性には多くの課題があることも事実です。

そこで、多くの実践者からの研究報告を聞くとともに、シンポジウムでは組織を超えたユマニチュードの実践によって療養生活を支え続けている報告を聞き、ユマニチュードケアの再現性と継続性について考えます。

Greetingご挨拶

Lecture/ Symposium講演・シンポジウム

Presentation口頭発表、ポスター発表

2022年9月24日(土)~25日(日)に、京都大学〇〇講堂で行われた、

第4回日本ユマニチュード学会総会(同時開催 生存科学研究所共催・市民公開講座)の

講演、発表をオンラインで視聴することができます。