“”
第一回家族介護について語る会を開催しました。 | 日本ユマニチュード学会|人間らしさを尊重したケアを共に社会へ

第一回家族介護について語る会を開催しました。

1月23日(土)、2021年より新たに始めた会員コミュニティ「雨宿りの木」の初回となる第一回家族介護を語る会を開催しました。

当日は抽選で選ばれた会員6名とジネスト先生、本田代表理事がオンラインでつながり、お一人おひとりが抱えるご家族の介護に関する悩みや相談にじっくりと向き合いました。

コロナ禍でこれまでと同じようにコミュニケーションが取れなくなったお母さまとの接し方について、聴覚機能が衰え始めたお母さまとのやりとりについてなど 様々なご相談に対して、ジネスト先生がご自身の経験を踏まえた具体的な解決策やアドバイスなどをお話しくださいました。

会員の皆様との対話に夢中になり、予定時間はあっという間に過ぎてしまいましたが、参加いただいた会員の皆様からは「聞いたアドバイスをさっそく実行してみた」「同じような境遇の方と分かち合える時間を持てたことが嬉しい」といったお声をいただいています。次回は、専門職会員・正会員・賛助会員の皆様を対象とした現場での課題共有会です。

これから改善していくべき点も多々ありますが、様々な現場でプロとして活躍されている皆様と課題を共有し、共に解決策を考えられることを楽しみにしています。

前のページに戻る