“”
『月刊 老施協』2020年12月号(12月15日発行)の連載企画「福祉のかたち」に、本田代表理事と荒瀬理事の対談が掲載されました。 | 日本ユマニチュード学会|人間らしさを尊重したケアを共に社会へ

『月刊 老施協』2020年12月号(12月15日発行)の連載企画「福祉のかたち」に、本田代表理事と荒瀬理事の対談が掲載されました。

公益社団法人 全国老人福祉施設協議会の会員向け会報誌『月刊 老施協』2020年12月号(12月15日発行)の連載企画「福祉のかたち」に、本田代表理事と荒瀬理事の対談が掲載されました。


福岡市で進行中の「福岡 100 」認知症フレンドリーシティ・プロジェクトの一環として「人生100年時代の健寿社会」の構築に取り組む福岡市の荒瀬泰子副市長と、その取り組みをユマニチュードのケア技法を軸に専門的立場からサポートする医師、本田美和子氏の対談です。

 

▼詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.roushikyo.or.jp/?p=we-page-menu-1-2&category=19325&key=19350&type=contents&subkey=355184

前のページに戻る