第4回日本ユマニチュード学会開催のお知らせ

2022年9月24日(土)、25日(日)の2日間、京都大学国際科学イノベーション棟シンポジウムホールにて第4回日本ユマニチュード学会総会を開催いたします。
会場での開催に加えて、より多くの方にご参加いただけるよう、後日期間限定のオンデマンド映像配信を致します。

<<発表演題募集中です。詳しくはこちら。>>

第4回 日本ユマニチュード学会総会

『優しいケアの仕組み―ユマニチュードとサイエンス―』

プログラム

詳しいプログラムが固まり次第、順次、こちらのページにて公開していきます。

開催概要

『「優しい介護」インタラクションの計算的・脳科学解明』は2017年に科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業(CREST)の研究テーマとして採択され、国の研究プロジェクトとして、情報学・工学・心理学・医学・看護学などさまざまな分野の専門家が「ユマニチュードはなぜ有効なのか?」に関する研究を進めてきました。今回の市民公開講座では、このプロジェクトの歩みと成果についてご紹介します。研究チームが開発した、仮想現実によるユマニチュード・トレーニングシステムや、触れる技術を搭載したロボット、ケア技術を評価する計測システムなども会場で体験できます。

会員登録のご案内

日本ユマニチュード学会会員の方は、学会に無料でご参加いただけます。会員以外の方は、この機会にぜひご入会をご検討ください。
年会費3,000円(家族と市民の会)からご参加いただけます。

会場開催

感染状況に応じて各種ガイドラインと照らし合わせ、会場や人数等に変更の可能性があります。方針が固まり次第、速やかにこのページにてご案内致します。

日時 2022年9月24日(土)、25日(日)
会場 京都大学国際科学イノベーション棟シンポジウムホール
(感染状況に応じて開催場所・方法の変更の可能性があります。)
※当日のオンラインライブ配信はありません。
定員 100名を予定
(感染状況に応じて定員人数の変更の可能性があります。)
※発表者、関係者を除き先着申し込み順。
参加費 日本ユマニチュード学会会員の方:無料
※参加当日までに会員資格を有している必要があります。
非会員の方:4,000円(または会員登録)
申込み 必要(参加登録フォームは準備中です。)
※7月下旬ごろまでに、参加登録のご案内をこのページにて行います。

総会終了後のオンデマンド映像配信

視聴方法 学会総会終了後に期間限定で、各種講演や口頭発表等をオンデマンド映像配信にてご視聴いただけます。参加者の方にメール等でオンライン学会特設サイトURLを送付します。
参加費 日本ユマニチュード学会会員の方:無料
※配信開始日に会員資格を有している方にご案内メールを差し上げます。
非会員の方:3,500円(または会員登録)
※会場開催の参加費用をお支払いいただいている場合、オンライン視聴費用が含まれますので追加のお支払いは不要です。
申込み 必要(参加登録フォームは準備中です。)
※7月下旬ごろまでに、参加登録のご案内をこのページにて行います。

発表をご希望の皆様へ

ユマニチュードの実践に関わる研究成果や事例のご報告・ご発表を募集します。ユマニチュードの実践を通じて得られた基礎研究、臨床研究、社会学的研究の成果を始め、医療・介護などケアの専門職だけでなく、研究職、家族介護や地域活動をされている方など、幅広い分野からの取り組み事例のご応募をお待ちしています。また、他学会ですでに発表になったものもアンコール発表として歓迎いたします。

・口頭発表およびポスター発表(デモ等のインタラクション発表含む)を募集します。

・発表の持ち時間は、質疑応答を含めて1件10分(発表7分、質疑応答3分)の予定です。

・演題申し込みは、本学会の会員の場合は無料で登録が可能です。非会員の場合、学会参加費用4,000円をお支払いいただくか、登録時に本学会会員登録が必要です。

・京都大学の会場にお越し頂きご発表いただきます。

・発表内容については後日オンライン上で期間限定の映像配信を行いますが、発表資料にケアの映像や写真を使用する場合、その部分を全面的にカットしたものを配信します。

・発表資料に含まれる映像や写真等の資料については、事前に事務局による確認を行います。

・申込フォームにて提出された抄録原稿は、本学会の学術委員会によって査読を行い、採択審査の結果を、7月末頃までに申込者に電子メールで通知いたします。

・第4回総会より、本学会での発表者(口頭発表・ポスター発表すべて)を対象に「ジネスト賞」及び「本田賞」の授賞を予定しています。

発表申込締切:2022年6月7日(火)

下記の申込みフォームよりお申込みください。

演題申込みはこちら

前のページに戻る